カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

プレゼンはオーバーなアクションで!?

プレゼンで印象が残るものといえば、

 

それはきっと説得力があったものではないでしょうか。

 

 

このように印象に残すためのポイントは、

 

ちょっとオーバーなくらいに身振り手振りをすることです。

 

相手にあなたの熱意を伝えたいとき、

 

用意してきた内容で相手を引き込むのは

 

もちろんのことだが、

 

それをアピールする手段の一つとして、

 

オーバージェスチャーが有効です。

 

 

なぜかというと、大きなジェスチャーは

 

相手を引きつける力をもっているからです。

 

例えば、政治家が街頭で演説するときは

 

必ず大きく手を振ります。

 

それを見ることで、

 

頼もしそうだ、力強いなどと

 

聴衆に抱かせられるからです。

 

 

 

この効果を巧み利用したのが、

 

ナチスドイツの独裁者であった

 

アドルフ・ヒトラーです。

 

自分の声がよく通るのと、

 

聴衆の目をくぎ付けにする身振り手振りで、

 

人々から多くの支持を得ました

 

 

 

また、大きな身振り手振りは自分自身に

 

リラックスさせる心理効果もあります。

 

棒立ちでブツブツと話しているだけでは、

 

緊張はいつまでたってもなくなりませんし、

 

小さな声では聞きづらいため、

 

その場の空気も微妙になってしまいます。

 

 

しかし、身振り手振りを大きくするだけで、

 

次第に気持ちがほぐれてきて、

 

相手も聞き取りやすくなるので、

 

その場の雰囲気は時間が経つにつれよくなります。

 

 

声を大きく張り、堂々と行うことで、

 

自分のプレゼンというものが見つかり、

 

あなたの考えはより相手に伝わるものとなります。

 

[スポンサーリンク]