カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

求められるリーダー像とは!?

ある社会集団の中で影響力を持つ人のことを

 

リーダー」と言います。

 

リーダーは、集団が目標を達成するために

 

何をするべきか判断して、自発的に行動を起こします。

 

また、集団に属する人々のやる気など、

 

あらゆる活動に影響を及ぼします。

 

このような機能が「リーダーシップ」であり、

 

集団の目標達成には必要不可欠です。

 

 

 

心理学などでは、望ましいリーダーシップについて

 

多くの実験、研究が行われています。

 

アメリカの心理学者レヴィンは、

 

リーダーリップを「専任型リーダーシップ

 

民主型リーダーシップ」「放任型リーダーシップ

 

の3つに分類しました。

 

このうち、生産性とメンバーの満足度の両面で優れているのは

 

「民主型リーダーシップ」だと結論づけています。

 

集団の方針を話し合いで決定して、

 

リーダーは議長のようなポジションで役割を発揮します。

 

 

 

優れたリーダーというのは、

 

生まれつきの才能で恵まれているものではありません。

 

多くの場合、リーダーとしての経験を重ねたり、

 

失敗を繰り返したりして多くのスキルを身につけていきます。

 

 

 

ビジネスの現場では、チーム全体の作業の進み具合を把握し、

 

仕事を円滑にまわしたり、部下の不満や悩み、要望などにも

 

耳を傾けたり、求められる力は少なくありません。

 

また、相手や状況によりとるべき対応も異なることもあり、

 

豊富な経験や知識、人間性が求められます。

 

 

 

心理学者レヴィンによる分類

民主型リーダーが生産性もメンバーの満足度も高い。

 

f:id:mirupinn:20180306132737g:plain

 

 

 

PM理論

心理学者三隅博士が提唱した「PM理論」。

 

P(パフォーマンス)機能とM(メンテナンス)機能を

 

兼ね備えたリーダーが理想的である。

 

 

PM理論では、目標達成のために

 

メンバーに働きかけることを「P機能」

 

メンバーの人間関係や心情に配慮することを「M機能」

 

として、下の図のように分類している。

 

f:id:mirupinn:20180306133357p:plain

 

 

 

状況によってリーダーシップを変える!?

例えば、具体的で細かい指示などは

 

未経験者や経験が浅い人には有効ですが、

 

熟練者などにはかえってモチベーションや

 

成果の低下を招く可能性があります。

 

相手の能力や性格を的確に把握して、

 

最適な対応を心掛けることが大切です。

 

[スポンサーリンク]