カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

冗談が通じない人

日々、生活をしていると軽い冗談を言う

 

機会は少なくないと思います。

 

あなたの周りにも、冗談が通じない人、

 

冗談を真面目に受け止めてしまう人もいるでしょう。

 

あまりにも真っすぐな反応が返ってくると、

 

こちらとしても、反応が困っちゃうこともあるでしょう。

 

または、自分が相手の軽い冗談を真に受けてしまい、

 

その場の空気が微妙になった経験は誰もが

 

一回はあることだと思います。

 

 

 

冗談とは、簡単に言うとユーモアのある「ウソ」です。

 

冗談は、基本的にはその場の雰囲気を楽しいものに

 

してくれるスパイスのようなものですが、

 

誰にでも通用するとは限りません。

 

特に、簡単に他人を信じてしまうタイプの人は、

 

冗談を真に受けてしまうことも少なくありません。

 

 

 

ある心理学の調査によると、

 

「ウソを信じ込みやすい人」と「想像力が豊かな人」には、

 

強い相関関係があることが分かっています。

 

想像力が高いがゆえに、

 

さまざまな話をリアルに思い描き、

 

現実であるかのように思うのです。

 

人は、リアルに想像すればするほど、

 

それを現実のものとして考えてしまう傾向があります。

 

 

 

また、他人に興味がないタイプにも、

 

冗談が通じないことがあります。

 

このような人たちは、コミュニケーションを

 

単なる情報のやりとりだと考えており、

 

柔軟なコミュニケーションをとることが苦手です。

 

 

 

この他にも、冗談を共有するための知識や経験がない、もしくは少ない場合や、

 

「この人は冗談を言わないだろう」と思い込んでしまう場合なども、

 

 冗談が通じないケースとして考えられます。

 

 

 

冗談が通じない理由

 ● ウソを信じやすい

想像力が高い人はウソを信じやすく、だまされやすい傾向にあります。普通の人なら冗談だと気づくようなウソでも、真に受けてしまうことも少なくありません。

 

 

冗談が共有できない 

お互いが同じような経験や知識を持っていないと通用しない冗談もある。また、冗談の話題によっては相手の気分を害することもあります。

 

 

他人に興味がない

コミュニケーションを単なる情報のやりとりだと考えており、相手の人柄を知る手段だという意識がない。自分の気持ちやプライベートも、あまり話したがらない。

 

 

冗談を言い合える関係だと思われていない

「相手は冗談を言う人だ」「お互いに冗談で言い合える関係」などという認識がないと、相手の冗談を見過ごしてしまうこともあります。

 

 

 

だまされないようにするには

ウソを信じやすいということは、

 

誰かにだまされやすいといことになります。

 

だまされないようにするためには、

 

何かを決めるときには時間をかけてみたり、

 

多くの人に助言を求めるようにしましょう。

 

[スポンサーリンク]