カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

挫折のコンプレックスが成長を促す!?

誰でも多かれ少なかれ、

 

挫折を経験したことはあります。

 

特に若いときなどは、挑戦と挫折の繰り返しです。

 

 

青年期に入ると、自立に向けて様々な葛藤

 

生まれてきます。

 

そこに劣等感挫折感が加わってしまうと、

 

落ち込みの度合いも大きくなってしまいます。

 

特に自分が定めた目標が、

 

自分にとって唯一無二のもであった場合、

 

当分は立ち直れないほどのショックを受けてします。

 

例えば、どうしても入りたい大学があったのだが、

 

大学入試で失敗したときなどが

 

それに当てはまります。

 

すぐに立ち直って、再度目標に向かって努力することが

 

できればよいのですが、

 

なかなか立ち直れずに苦しんでしまう人は多いです。

 

挫折感を味わっているとき、

 

自分は人間的に面白みに欠け、

 

誰よりも小さい人間であると

 

感じてしまう傾向にあります。

 

こうした思いにとらわれてしまうことを

 

等コンプレックスといいます。

 

挫折感や劣等コンプレックスは、

 

本人にとってこの上ないくらい辛いものである。

 

そして、それに対して立ち向かう力が、

 

人間を成長するきっかけを与えてくれます。

 

あるコンプレックスを克服しようと、

 

別のことに取り組んでいるうちに、

 

大きな成果を得ることもできます。

 

逆に挫折体験を経験してこなかった人たちは、

 

フラストレーション耐性が低く、

 

いざというときに踏ん張りがきかずに、

 

弱さを露呈してしまうことがあります。

 

そうした意味からも挫折経験が、

 

 

人を成長させる潤滑剤のような作用を果たしてくれます。

 

目の前に降りかかる挫折を上手く乗り越えていくことで、

 

人としての強さをまし、

 

社会での困難を乗り越える能力を、

 

次々と身につけることが可能です。

 

[スポンサーリンク]