カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

対人関係の中でのコンプレックス

私たちが抱えているコンプレックスは、

 

対人関係の中でそれが刺激され、

 

行動として表れることが多いということがある。

 

つまり自分より優れていると感じられる存在や、

 

自分より愛されている人の存在であったり、

 

それらが自分の中のコンプレックスを刺激して、

 

さまざまな感情的な反応と行動を生じさせるのである。

 

 

 

また、あるコンプレックスを持っていると、

 

そのコンプレックスを刺激するような人物と

 

出会う機会は少なくないであろう。

 

それはある人のコンプレックスを刺激するような人物は、

 

特にその人にとっては印象深い存在となるため、

 

肯定的にしろ否定的にしろ関係は深くなりやすい。

 

そのため私たちは、同じコンプレックスを持ち続けている限り、

 

特定のタイプの人とトラブルは避けられないのである。

 

これを避けるためにも、

 

対人関係の中に表れる自分のコンプレックス反応を

 

しっかりと見つめる必要があるのである。

 

 

 

コンプレックスを全くなくすことは不可能に近い

では、このようなコンプレックスは、

 

完全に克服しなければならないほど悪いものなのだろうか。

 

多くの場合コンプレックスを完全に克服することは不可能なことであり、

 

一つのコンプレックスを克服したとしても、

 

別の新しいコンプレックスを生じてしまうものである。

 

しかし、コンプレックスを持ちながらも、

 

現実的な対応ができるようになれば、

 

そのコンプレックスをもとに、

 

他人のコンプレックスを感じ取り、理解することも可能である。

 

つまり、コンプレックスは必ずしも悪いものとは限らず、

 

それをしっかり見つめてそれと対話できるようになれば、

 

有益に活用できるものなのである。

 

[スポンサーリンク]