カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

「ギャンブル依存」で失ってしまうもの

 

 

 

 

はじめに

日本には、とにかくギャンブルがあちらこちらに蔓延しています。パチンコスロットをはじめ、公営ギャンブルである競馬、競艇、競輪、オートレース。そして、宝くじサッカーくじもギャンブルの一つです。パチンコ店などは私たちの生活の身近なところにあり、公営ギャンブルもインターネット投票などにより、どこでも簡単に投票できるようになっています。ギャンブル人口は、日本国内に2000万人以上いるとも言われ、多くの人が娯楽の一つとしてギャンブルを楽しんでいます。

 

 

最近は、メディアなどで「ギャンブル依存症」という言葉をよく耳にします。少しの興味関心で始めたギャンブルが、数年後には「ギャンブル依存症」になってしまう可能性があります。ギャンブル依存症の疑いがある人は症状が軽い人も含めると、日本国内に500万人以上いると言われています。そのため、家族や友達などの身近な人が、ギャンブル依存またはその予備軍であることはおかしいことでありません。ギャンブルをしている人の中には、「自分はお金をちゃんと管理できる」「自分の意思はそんな人とは違う」などと考えている人が多いです。

 

 

しかし、ギャンブル依存症は脳に影響を及ぼすものであり、本人の意思とは関係ないものであり、「病的賭博」とも言われています。病気であるため、自分の置かれている状況を理解して、治療していく必要があるのです。

 

 

では、「ギャンブル依存症」により具体的にどのようなものが失われていくのだろうか。

 

 

 

お金を失う、借金をする

お金を失い、借金をしてしまう、これが一番大きな損失だと言えます。ギャンブルは胴元が勝てる仕組みになっているので、長いスパンで見てみると必ず負けるようになっています。短期的なスパンで見てみると、プラス収支になりますが、そのプラス分もすぐなくなってしまいます。

 

 

しかし、ギャンブルをやっていると「負け分を取り返さないといけない」「次は勝てる」などと考えている人や勝負事ですぐに熱くなってしまう人は、ギャンブル依存症になってしまう可能性があります。ギャンブルでは、勝てたときの快感を脳が覚えてしまい、深みにはまってしまうと中々やめることができません。

 

 

そして、自分では制御できなくなり、使ってはいけないお金に手をだしってしまったり借金をしてでもギャンブルに手を出してしまうことになります。

 

 

 

貴重な時間を失う

ギャンブルに依存してしまうと、貴重な時間を失ってしまうこともあります。例えば、パチンコやスロットにはまってしまうと、食事をするのも忘れるほどギャンブルに熱中してしまうことがあります。休日になると、朝の開店時間から夜の閉店時間までずっと、台の前に座って打ち続ける人も少なくありません。普通の人には考えられないことかもしれません。さらに負けが膨らんだり、台がはまってしまうと、負け分を取り返そうとして、帰るにも帰れない状況に陥ってしまうこともあります。このようにして、自由に使える自分の貴重な時間を失ってしまいます。これは他のギャンブルにも言えることです。

 

 

 

労働意欲を失ってしまう

ギャンブルは、金銭的弱者をターゲートにしており、ギャンブルで勝つことができれば、数万円~数十万などを手に入れることが可能です。競馬などで、人気薄が絡んだ3連単の馬券になると数百万という配当になることもあります。魅力的な数字に見えると思いますが、実はこれがまずいことなのです。

 

 

短時間で遊べてこんなに大金を得ることができると考えると、日々の労働が馬鹿らしく思えてしまうものです。こうなってしまうと、働いているときにも常にギャンブルのことが頭から離れなくなり正常な労働意欲を失うことにつながります。そして、ギャンブル中心の生活になってしまいます。

 

 

 

人とのつながりを失う

ギャンブル依存症になってしまうと、家族や友達、恋人など身近な人と過ごす時間を失いギャンブルを行うためにウソをつくこともあります。生活の中でギャンブルが最優先事項となり、そしてお金にも時間にもだらしなくなり、自分の周りから人が離れていき、人とのつながりを失ってしまいます。世間一般から見てギャンブルと聞いて、良い印象を抱く人は圧倒的に少ないです。そうなると、さらにストレスがたまったり、やることがなくなったりして、ギャンブルにのめり込んでしまいます。

 

 

 

普通の金銭感覚を失う

例えば、「休日に美味しいランチでも食べに行こう」と考えました。ある店に行くと、そこのランチは2000円だったとします。普通の金銭感覚であると、「ランチに2000円は高いな」と考えます。しかし、ギャンブルで2000円を投資したとして、別にそこまで高いとは思いません。なぜなら、ギャンブルで投資したお金は増えて戻ってくるものと考えているからです。最初から、負けるつもりでギャンブルをする人はいません。

 

 

たとえギャンブルでお金を増やすことができても、脳がその快感を覚えてしまっているので多少の勝ちでは満足できなくなり、さらに投資資金が増えたり高配当を狙うようになってしまいます。これは、脳がさらに強い快感を求めてしまうからです。

 

 

 

さいごに

ギャンブル自体は、娯楽として適度に楽しむものであり、「ギャンブル依存症」になってしまうと多くのものを失ってしまいます。ギャンブルは元々勝てる仕組みにはなっていないので、自分で対処できる範囲で行いましょう。

 

 

そして、「ギャンブル依存症は誰でもなりうる病気である」と考えておいたほうがよいでしょう。

 

[スポンサーリンク]