カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

摂食障害の危険性

思春期や青年期の女性に多く見られるのが、

 

 

摂食障害」です。

 

文字どおり摂食することに問題が出る病気です。

 

病状によっては、

 

神経性大食症(過食症)」と

 

神経性無食欲症(拒食症)」に分けられます。

 

 

過食症は食べることがやめられなくなり、

 

一度に大量の食物をを摂取する行為です。

 

しかし、そのような自分に対する自責の念もあり

 

太ってしまうことに恐怖を覚え、

 

絶食したり、嘔吐をしたり、

 

下剤などを使い太るのを避けようとします。

 

このような行動が繰り返されると、

 

身体には様々な影響が出てくる危険性があります。

 

 

 

拒食症は、自分は太っているという思い込みが強く

 

周囲からはやせているように見えていても、

 

さらに減少を続けてしまいます。

 

そして、低体温の状態に陥ったり、

 

他にも様々な悪影響が出てしまいます。

 

 

 

いずれもダイエットがきっかけとなって、

 

発症することが多く、

 

性的に成長していく拒否感や葛藤などから

 

起こることもあります。

 

また、性格的に発症しやすいのは、

 

真面目で完璧主義傾向が強い女性です。

 

 

その他の要因には、

 

人間関係の問題による心理的ストレス

 

が考えられます。

 

 

その中でも特に、母親との関係が問題視されています。

 

母親の言うことを聞いて忠実に育ったため、

 

成長するとそれに耐え切れなくなり、

 

ダイエットをきっかけとして

 

摂食障害になるケースがあります。

 

 

 

逆に、愛情に恵まれずに育った場合、

 

その反動が自分の身体を極度に支配したい

 

という願望になったというケースもあります。

 

 

 

治療方法としては、

 

行動療法、精神分析的心理療法、

 

認知療法、家族療法、

 

などが挙げられます。

 

何を治療目的にするかによって、

 

そして摂食障害をどんな観点から

 

とらえるかによって、

 

治療方法は変わってきます。

 

[スポンサーリンク]