カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

哲学者ニーチェの教え、ことば!?

f:id:mirupinn:20180405073434j:plain

19世紀のドイツの哲学者

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ

 

 

「哲学」というと難しく聞こえるが、彼の考え方は人生において、前向きになれるヒントばかりである。

 

 

 

ニーチェの教え、ことば

人生はさながら、旅のようなもの。

自分という人生を体験する、終わりのない旅。

 

 

あなたが願いさえすれば、

人生はきっと、思いのままに歩くことができる。

 

 

「できる!」って、あなたが信じたらきっとできる。

 

 

「良い」とか「悪い」とかつまらない言葉で

割り切るには世界って本当に広すぎる。

 

 

本気で伝えたいと思うなら、あなたの気持ちは

きっと伝わる。そして、運命は変わっていく。

 

 

今、この瞬間を愛してみよう。

そうでなくちゃ、つまらないでしょ!?

 

 

どんな経験も、未来につながる。

 

 

よくばりに生きよう。恋も仕事も、あなたが考える全部を。

 

 

明日は今日より、良い日かもしれない。

だから、信念を曲げないで。

 

 

どうしていいかわからなくて

もし立ち止まってしまったら、勇敢でいるほうを選ぼう。

 

 

人生を愛してみたら?

それは、あなたにとって希望になるから。

 

 

ルールに従うだけの人生でいいの?

 

 

孤独から逃げていても、ずっと孤独なまま。

 

 

運命って、流されるかもしかないと思うがちだけど

私たちって、もっと自由。

 

 

人のために尽くす人よりも自分を愛する人であろう。

 

 

ほんの小さなことでも、目に見えないことでも、

変わることにきっと意味がある。

 

 

誰よりも、手強い敵って知っている?

それは、あなた自身。

 

 

愛はキレイゴトだけじゃない。

そう気づいたときが、愛のはじまり。

 

 

言いたい人には言わせておけば?

 

 

愛の中には悲しみや苦しみも混ざっている。

だからこそ、愛せる人は強い。

 

 

人のマネばかりしていると、

いつまで経っても「私」にはなれない。

 

 

つまらないことにとらわれていると、

人としてつまらなくなる。

 

 

人生は自分で舵をとろう。

 

 

「良い」も「悪い」も価値観は自分で決めるもの。

 

 

どんなに美しいものであっても

矛盾を抱えていないものはない。

 

 

苦しんだり、悩んだりした分だけ心は強くなる。

 

 

あなたの気持ち誰も傷つけることはできない。

 

 

自分からやろうと思ったことは命が宿る。

 

 

生きるとは、その一瞬一瞬、

真剣に前へ進む方法を探すこと。

 

 

自分にとって何が大切か常に見失わないで。

 

 

未来を見ることはできないけど、

未来の種はあなたの中にある。

 

 

過ぎ去った日を悔やむよりもそこに「意味」を見つけよう。

 

 

点と点を、線でつなぐと新しい風景が広がっていく。

 

 

あらゆることを怖がっていたら

目の前にある幸せにも気づかない。

 

 

偶然は、偶然じゃなくて起こるべくして起こる。

 

 

自分を甘やかしすぎると魅力も能力も、

輝きを失ってしまう。

 

 

多くのものを見るために自分の思い込みを捨てよう。

 

 

不安を感じたら少し勇気を出してみよう。

 

 

心と体が別の方向に向かっていたら、

いつまで経っても、そこから動けない。

 

 

すべての人に好かれなくたって、別にいいんじゃない?

 

 

他人に親切にしようと思うのは自分が弱いから、かもしれない。

 

 

目の前のことに振り回されないようにするには

自分の中で早く噛み砕くこと。

 

 

小さなことにとらわれすぎないで。

 

 

誰よりも、何よりも、自分をちゃんと愛してあげよう。

 

 

孤独でない人ほど、どこにもいない。

誰もが、それぞれ孤独を感じている。

 

 

終わってしまった愛にしがみつかないこと。

 

 

あなたがあなたを愛したら、

生きることはとても簡単になる。

 

 

自分を押さえつけたって良いことは何一つない。

 

 

自分にとって大切なものは、

自分ですら気づかないことがある。

 

 

あなたひとりで頑張りすぎないで。

 

 

少しずつ、少しずつ、もどかしくても、

つまらなくても、前へ進む自分をホメてあげよう。

 

 

人生は真っ白なキャンバスに

自由に絵を描くようなこと。

 

 

最悪でも、最善でも、どっちもたかが知れたこと。

 

 

「いつかは.....」と思っているうちは

「いつか」なんて、永遠にない。

 

 

小さな幸せをちゃんと喜ぼう。

 

 

悲しくて悔しくて、どうしようもないときは

自分を誇りに思おう。

 

 

「やるべきこと」を見つけるのもいいけれど

「やらないこと」を見つけるのも大事。

 

 

知識や経験がないからこそできる冒険もある。

 

 

すべての言葉は、口から出てしまえばもう、取り戻せない。

 

 

みんなの「当たり前」を、「当たり前」なんて思わなくていい。

 

 

嘘をつかないからって、誠実なわけじゃない。

 

 

地道な努力が報われる日は必ずやってくる。

 

 

人のために何かをするより、

自分がしたいことをするほうが、ずっとハッピー。

 

 

スルーするのも、大切な能力。

 

 

やるべきことは、いっぱいある。

仕事を愛そう。自分の生き方を、愛そう。

 

 

「いいことないかな」と思っているうちは

いいことは起こらない。

 

 

人は、さみしいとおかしくなる。

 

 

何かダメなことがあってもあなたがダメってことじゃない。

 

 

幸せが見つからないのは捜し方が

良くないだけかもしれない。

 

 

廻り道にだって、意味がある。

 

 

アンラッキーを飛び越えよう。

 

 

未来を選ぶのは、いつだってあなた。

 

 

他人からどう見えるか、なんて考えなくていい。

全力で幸せをつかもう。

 

 

自分で道を切り開こう。不可能はきっと、可能にできる。

 

 

涙のあとには、必ず良いことがある。

 

 

幸せは、悲しみのあるところに少しだけ早くやってくる。

 

 

幸せを失うことを恐れるより

幸せが永遠に続くように願おう。

 

 

人生は、私たちに与えられたかけがえのないギフト。

 

 

さぁ、扉を開いて外に出よう!

 

[スポンサーリンク]