カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

あるがままに生きる ~森田療法~

森田療法は、精神医学者の森田正馬(1874~1938)によって創始された日本独自の心理療法です。神経症は、内向的、完璧主義などの特徴的な性格に特有の心理的なメカニズムが加わることで発症し、その心理的メカニズムには、不可能なことを可能にしようとする心の葛藤があると考えました。

 

 

治療法は、「あるがまま」と呼ばれる態度を養い、必要なこと(なすべきこと)から行動して、建設的に生きることを教え、実践させようとするものです。つまり、治療効果を得るにはクライエント(患者)自身の「治したい」という意思が大切であり、その気づきと行動パターンを修正していくことで治療していきます。

 

 

建設的な生き方

CL(Constructive Living)と呼ばれて、アメリカの文化人類学者ディヴィッド・レイノルズが提唱した概念。森田療法を実践的にした概念である。

 

恐れや不安などの感情を事実として受け入れ、自分が決めた必要な行動を取ること、また、現在と過去に自分が世界から受け取っている支援で生かされている事実を具体的に知ることが大切である。

 

[スポンサーリンク]