カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

ダメだと考えるとダメになる!?

人は、「自分はこうかも?」「あの人はこうだ?」などと思い込んでるうちに、

 

無意識にその思いに沿った行動をする傾向があります。

 

その結果、思い込みが現実化してしまうことがよくあります。

 

これを心理学では、「自己成就予言」と言います。

 

 

例を挙げてみると、「自分はコミュニケーションをとるのが苦手」だと思っていると、

 

余計に緊張をしてしまい、発言することに消極的になりがちです。

 

そのようになると、人前で話すことがますます苦手になってしまいます。

 

 

自己成就予言はプラスにもマイナスにも働きます。

 

例えば、「君はとても賢い」などと言われると、

 

本人のモチベーションや自己肯定感が増し、

 

実際に良い結果に結びつくこともあれば、

 

逆に「君は無理、ダメだ」などと言われ続けると、

 

その言葉どおり、成果が出せないこともあります。

 

前者は「ピグマリオン効果」、

 

後者は「ゴーレム効果」と言います。

 

 

教える立場の人間が、「能力がない」と判断すると、

 

言葉には出さずとも相手に影響を与えてしまいます。

 

集団全体の力を高めるためには、

 

自分を含めたメンバー全員を信頼することが必要不可欠です。

 

 

思い込みは現実化する!? 

 ・できると思うとできる

「絶対に試験を突破できる」と思い込むことで、

集中力をもって粘り強く取り組み、

実際に目標を達成することができる。

 

・占いの結果に左右される

占いなどで「あなたは神経質な人だ」と言われると、

自分は神経質な人間だと思い込み、

実際にそのように行動をしてしまう。

 

・フラれると思うとフラれてしまう

恋人が自分のもとから離れてしまうことを恐れて、

「自分のこと、本当に愛している?」などとしつこく聞いていると、

恋人が愛想をついてしまうこともある。

 

・風評被害を受けてしまう

とある企業にまつわる根拠のない噂が流れると、

消費者が離れたり、企業イメージが悪くなったり、

よい人材が集まらないようになったり、

会社の業績が下がってしまうこともある。

 

 

過度の期待はダメ!?

ダメだと考えることはダメだと説明しましたが、

 

逆に、過度な期待をかけたら、

 

それがプレッシャーになることがあります。

 

言葉で信頼を押しつけすぎるより、

 

「信頼」を表現するほうが、

 

相手の心にはよい影響を及ぼすかもしれません。

 

[スポンサーリンク]