カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

会話をするほど恋愛に発展する

心理学において、

 

自分の経験や内面について相手に伝えること

 

「自己開示」と言います。

 

 

 

人と人は、親しくなるにつれて、

 

お互いのことを徐々に打ち明けていくものです。

 

相手のことを知ることは、

 

居心地のよさや安心感を感じられるため、

 

自分や相手の深い情報に関わるほど、

 

お互いに親近感が強まっていくことが分かっています。

 

 

 

これを逆に考えてみると、

 

早く親しくなるためには、

 

積極的に自分の情報を伝えればよいということになります。

 

しかし、ただ自分について語ることは、

 

相手に「ウザい」、「自分大好き人間」

 

などと思われかねません。

 

 

 

相手との距離を縮めるためには、

 

悩みや秘密など、弱い部分を見せることが効果的です。

 

悩みや秘密を打ち明けられるのは

 

信頼されている証でもあります。

 

あまりにもネガティブであったり、しつこかったら、

 

相手が引いてしまうことがありますが、

 

相手も悪い気はしないものです。

 

 

 

また、弱い部分を見せられることで、

 

相手もつい心をゆるめて、

 

同じような情報を伝えようとします。

 

 これは心理学では、

 

自己開示の返報性」とよばれる心理効果です。

 

人は自己開示をされると、その相手に対して

 

自己開示を「お返し」しようとすることを示します。

 

 

 

意中の相手となる特別な信頼関係を

 

築きたいと考えるならば、

 

会話を積み重ねながら、少しずつ悩みや不安を

 

共有できる関係にしていくことが重要です。

 

 

 

そうとは言っても、人と人とが

 

いきなり親密な関係になれるわけではありません。

 

 悩みや秘密を打ち明けるまでには、

 

段階を踏んでいくことが必要です。

 

 

 

 

出会ったばかりのとき

第一印象をよくすることが大切!

 

● 深い話をすることよりも、まずは物理的にできるだけ近くにいること、何度も会うことなどで、お互いに親近感をもっていく段階です。

 

 

 

知り合いの段階

● いきなりプライベートな深い話をするのはNG!

 

● 相手に対しても、あまり突っ込んだ発言は控え、比較的答えやすい質問などでやり取りしながら、共通点や接点などをみつけていくとよい。

 

 

 

友人になれた段階 

 ● お互いに気兼ねなく話せるようになってきたら、会話を重ねてお互いの価値観や考えなどをどんどん共有していくとよい。

 

● 相手の考えを知るには、自分からも自己開示していくほか、聞き上手であることも重要である。

 

 

 

特別な友人(親友)・恋人の段階

● ある程度打ち解けてきたら、特定の人としか話せないような内容も打ち明けることで、仲がより深まりやすい。

 

● 特に、誰にでも話せるのではなくて「あなただから話せる、あなたにしか話せない」などと伝えることで、信頼関係はより深いものになっていく。

 

 

 

 

男性には分かりにくい 感覚かもしれませんが、

 

女性同士の会話の中では、

 

気軽に悩みを打ち明ける機会は少なくありません。

 

男性に比べて、女性は進んで自己開示をする傾向にあります。

 

女性は、話すことでストレスを解消します。

 

[スポンサーリンク]