カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

異性と親密になっていく過程とは!?

異性が出会い、お互いの関係を認めてそれが深くなる過程は、

心理学の研究対象とされていた。

 

アメリカの社会心理学者であるロバート・A・ルイスは1973年に、

出会いから結婚に至るまでの人間心理の変容を6段階で提唱しました。

 

 

●結婚に至るまでの6段階

段階① 類似性の認知

価値観、興味、関心などについて、男女のふたりの共通点を認識する段階

 

段階② 望ましい関係を築く

楽しい経験などを共有することで、お互いの理解が深まっていく段階

 

段階③ 自己開示

自分のことについて包み隠さず、

ありのままに話すことでお互いの秘密を分かち合い、

さらにお互いの親密さを深める段階

 

段階④ 役割取得

お互いが足りない部分を補い合い、共に助け合う段階

 

段階⑤ 役割適合

その役割が上手くはまり、適合する段階

 

段階⑥ 結晶

二人の関わり合いを認識して、

二人で一人の単位として行動する段階

 

 

 

 

また、アメリカの心理学者バーナード・I・マースタインが、

1977年に発表した「SVR理論」でも人間関係の深まりが

3段階で示されています。

 

●SVR理論

段階① S(Stimules)

その人の見た目や声、性格などの外見や感情表現の仕方から刺激を受けている状態

 

段階② V(Value)

物事への興味や関心、価値観などを共有している状態

 

段階③ R(Rule)

お互いの価値観が類似しているだけでなく、

お互いが相手の望んでいることを察知し、

お互いの役割を認識して、支え合える状態

 

 

このような段階をふまえて、男女の距離は親密になっていきます。

そのなかでも、最初の出会いからの「第一印象」は特に重要視される。

それが、後々の印象形成に大きな影響を及ぼすことになります。

 

[スポンサーリンク]