カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

欲求不満に対する防衛(適応)機制

人間は誰でも、お金を多く稼ぎたい、異性にモテたい、良い企業で働きたいなどと数々の欲求を持っているものである。欲求が達成されないときに、人は欲求不満状態に陥ることになる。そのようになったときに、どのような行動をとるか、その適用方法を防衛機制適応機制)という。

 

 

精神分析学者であるフロイトは、防衛機制(適応機制)を次のように分析している。

 

 

 

抑圧:社会的に受け入れがたい欲求や苦痛な経験を無意識のもとに閉じ込めることによって、心理的安定をはかろうとすること。

 

 

同一化:実現できない欲求をもっている自分と、その欲求を実現できている他のものを同一と見立て、代理的に満足すること。

 

 

代償:本来の目標を達成するのが困難なとき、代わりの満足を与えてくれる別の目標に突き進むこと。

 

 

補償:自分の心身の欠陥やコンプレックス(劣等感)の克服のために、他の特徴を伸ばして、他人に勝ることによって欲求を満足させること。

 

 

合理化:自分の行動による失敗や恥の理由を、社会的に認められる理由をあげて正当化することによって、意味づけること。

 

 

投射:失敗の原因が自分のほうにあるにも関わらず、他に責任があるかのようにふるまうこと。

 

 

逃避:厳しい現実から目を背けたり、理由をつけて逃げたしたりすること。

 

 

退行:元の年齢よりも、未熟な年齢の行動に戻る傾向のこと。

 

 

昇華:社会的に高く評価されるものに代えて、表現することによって、欲求不満を解消すること。

 

[スポンサーリンク]