カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

若者を批判したがる心理!?

「最近の若い者は.....」などといった

 

批判はよく耳に入ってきます。

 

このような批判のなかには、

 

だから「自分たち上の世代のほうが優れている」と、

 

優越感に浸りたい気持ちが隠れています。

 

このように、周囲より優れていたいという

 

承認欲求」が強く働くのです。

 

 

 

他にも、年齢を重ねていくと、

 

老いに対する不安や、若さをうらやむ気持ちが起こります。

 

これは生き物として生きていく中で、

 

自然に生まれてくるものです。

 

また、社会の流れや変化についていくことができず、

 

若者への批判や悪口などでバランスを

 

とろうとしています。

 

つまり、心の底には若者へのちょっとした嫉妬と、

 

自分自身への不安なのです。

 

 

昔をなつかしむ

頑張ってきた自分の過去をほめたい。

 

若さを失うことへの不安からの逃避。若さへの嫉妬。

 

いまの現実に向き合いたいたくない。

 

昔を知らない若者に対する優越感。

 

 

(対応の仕方)

「でもいまは.....」などと反論してしまうと、ヒートアップしてしまう可能性があります。話を聞いてみると、何か新しい発見があるかもしれません。

 

 

 若者をバカにする

若者は未熟だと思うことで優越感を得たい。経験や知識が少ないことを理由に、相手をみくびる。

 

情報化社会に対する自身の不安の表れ。

 

 

(対応の仕方)

沈黙したり謝ったりするより、「いろいろ教えて」もらおう。年の功から学ぶことも多く、相手の優越感を満たすことができる。

 

[スポンサーリンク]