カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

目は相手の「ココロ」をうつす

例えば、相手の反応が欲しいと考えたとき、

 

私たちは相手の目を見て確かめます。

 

相手に伝えたいことがあるときも、

 

目を合わせて訴えかけようとします。

 

また、見つめ合う恋人同士のように、

 

それは相手への好意を示すこともあれば、

 

反対に敵意のサインとしてにらみあうこともあります。

 

 

 

一方で、視線をそらすことにも意味があります。

 

例えば、うしろめたいことがあるときは、

 

相手から目をそらちがちになります。

 

反対に、怪しまれないようにするために、

 

相手をじっと見つめてしまう人もいるでしょう。

 

先に目をそらすのは相手よりも優位に立っている

 

という意識の表れであることもあります。

 

 

 

「視線」が発するメッセージには、実に多くあります。

 

 

視線を送る、合わせる

● 相手の反応が知りたい

たとえば会話中などに、話や気持ちが伝わっているか、相手を見つめて確認する。

 

 

● 相手に意思を伝えたい

自分の意識を伝えたいとき、相手の目を見たり、目で合図を送ったりする。

 

 

● 好意のサイン

好意をもつ相手とは、よく視線を合わせるもの。ただし、恋人同士でもないのに不自然なほど目をそらさないのは、恐れや不安、うしろめたさ、敵意などをもっている可能性が高い。

 

 

● 敵意のサイン

ケンカなどのときに相手をにらみつけるのが典型的な例です。目で対抗意識を表しています。

 

 

視線をそらす

● うしろめたさを感じている

相手を見ると、相手から見られていることを強く意識させられることになるため、相手に対してうしろめたさがあるときや、自信のないときは、目を合わせづらくなる。ただし、相手をじっと見て、うしろめたさを隠そうとしている場合もある。

 

 

● 恐怖を感じている

相手を恐れているときは、視線を下にそらすことが多い。

 

 

● 「立場が上」であることのサイン

目をそらすことで、相手への関心の低さや、相手より優位にあることを示しているのかもしれない。もしくは、「相手より優位に立ちたい」という意識の表れ。

 

[スポンサーリンク]