カルライフ

人生を変える言葉、考え方、知識を書いていきます。人生をより良いものに

[スポンサーリンク]

人との距離が近い人

ちょっと話したり、作業をしたりするときに

 

やたらに距離が近い人ってたまに見かけることはあります。

 

 

 

人にはそれぞれ「パーソナルスペース」というものがあります。

 

分かりやすくいえば、「縄張り意識」のようなものです。

 

コミュニケーションをとる相手との物理的な距離

 

のことを示します。

 

 

 

パーソナルスペースを広くとろうとするのは

 

外向的な性格よりも内向的な性格で、

 

性別でいえば女性よりも男性のほうが多い傾向にあります。

 

また、相手に対する好意や親密度によっても変わってきます。

 

恋人や家族、親しい友人などであれば

 

距離が近くても大丈夫なのに、

 

見知らぬ人やあまり親しくない人が至近距離に

 

いるとつい警戒をしたり、不快に感じてしまうこともあります。

 

 

 

一方で、相手のパーソナルスペースに

 

うまく侵入することができれば、

 

心理的な距離を縮めることが可能です。

 

パーソナルスペースは前に広く、左右と後ろに狭くなっているので

 

親しくなりたい、仲良くなりたいと思った人には

 

隣から話しかけてみたり、食事の席では隣の席に座ったり、

 

相手のパーソナルスペースに入る機会を

 

多くしていくことが効果的です。

 

 

 

他にも、恋愛などでパーソナルスペースを活かしたいなら、

 

食事などでは向い合う席よりも隣り合う席を選んでみたり、

 

ドライブデートでは恋人を隣に乗せてみたり、

 

映画館で隣同士で密着し合ってみるのもよいでしょう。

 

 

 

パーソナルスペース

パーソナルスペースは、相手との関係によって4つに分けられます。

 

 

● 密接距離(~45cm)

恋人、家族など

 

● 個体距離(45cm~120cm)

友人など

 

● 社会距離(120cm~360cm)

ビジネスなど

 

● 公衆距離(360cm~)

講演、演説など

 

[スポンサーリンク]